WEB制作・イベント・ブライダル・舞台・企業PV・スクール・発表会・講演セミナー・ライブ演奏の写真撮影・映像制作・ビデオ撮影。株式会社ウィズプロデュース

三浦市のホームページ制作

三浦市のホームページ制作のことならウィズプロデュースにお任せ下さい。

ホームページ制作をしたいが、どうしてよいかわからない。地域密着のホームページ制作会社です。本社は神奈川県三浦市。ホームページ制作をしたいが、どうしてよいかわからない。時間がないので更新などもすべてをお願いしたい。いつでも連絡が取れる安心対応してくれる会社に頼みたい。様々な業種に詳しいスタッフがいるホームページ制作会社にお願いしたい。女性にも優しい美しいWEBサイトを作りたい。集客できるホームページを作りたい。弊社ではお客様目線の集客できるWEBサイト制作を目指しております。

ホームページ制作・WEB制作・リニューアル

ファーストクラスを見る こちらのデザインにて制作可能。10ページ以内。CMS 更新可能

カートに入れる ファーストクラス(ライト) カートに入れる ファーストクラス 法人・個人プラン システム利用料金 月額 15,000円

ペイパル(Paypal)でお支払い。クレジット決済になります。

①まずは電話にてお申込下さい。
②クレジット決済にて確定となります。
③ファーストクラス(10ページ)・ファーストクラス(ライト 6ページ)をお選びください
④システム利用料金は月15,000円頂戴致します。

小規模事業者持続化補助金」にてホームページ制作費用の2/3、最大50万円が助成される補助金の申請が可能です。

小規模事業者持続化補助金とは

ホームページ制作費 ファーストクラス

ファーストクラス 10ページ 560,000円 → 200,000円

ファーストクラス(ライト)6ページ 100,000円

法人・個人プラン システム利用料金 月額 15,000円

  • 制作用シートをメール添付。簡単です。2週間~4週間程でサイト完成。
  • 独自ドメインの年間管理(www.xxx.com お好きなドメインを取得可能)
  • 独自メールアドレス作成(info@xxx.com  contact@xxx.com)
  • 追加ページ作成は通常料金よりもリーズナブル

総務省に電気通信事業認可しているWEB制作会社です。電気通信事業届出番号:A-28-15575

ホームページ制作費に含まれるもの

  • ホームページ制作費 10ページ以内 / 6ページ以内
  • トップページデザイン、ロゴ制作(簡易)
  • 問合せフォーム
  • レスポンシブでタブレット・スマートフォン対応
  • システム利用 サーバー管理費、保守運用、ドメイン管理費
  • 独自ドメイン取得および移管手続き(com・jp・co.jp・ne.jpなど)
  • 独自メールアドレスは無制限で作成可能
  • ブログ機能はFacebookと連動可能
  • 売上アップのためのデザイン構築、SEO対策
  • Googleマップを掲載

三浦市(みうらし)は

神奈川県南東部、三浦半島最南端に位置するである。三浦半島の最南端に位置する。三方を海に囲まれ、西岸は相模湾、東岸は浦賀水道東京湾)、南岸は太平洋に面し、南端部には城ヶ島が浮かぶ。北部は、横須賀市のみと接しているが、市境は河川など地形的に区切られたものではない。

市域の大部分は標高40-60mの台地で、その間に小さな谷戸が入り組んでいる。平地は少ないが標高の高い山は無く、最高峰は神奈川県最低峰でもある岩堂山となっている。起伏に富み、水田に適した低地が少ない。そのため、台地上には野菜畑がつくられ、低地の多くは住宅地として利用されている。大きな河川が少ないこともあり、水田は約3%と少ない[1]

三浦市付近の地盤は地殻変動により隆起を続けている。三崎町内陸にある「諸磯の隆起海岸」は第三紀凝灰岩の崖にある穿孔貝が作った穴が残る遺跡で、国の天然記念物に指定されている。平安時代江戸時代大正時代の大地震により地層のずれが4段に分かれており、古い地層を観察することができる。また、三浦半島断層群が存在しており大地震の発生が危惧されている。

海岸は岩場が多く砂浜は比較的少ないが、北東部の金田湾沿岸には三浦海岸と呼ばれる浜が続き、西部にも三戸海岸など小規模な砂浜が見られる。城ヶ島や、東部の金田漁港から東端の剱崎、南端の三崎漁港を経て西部の小網代湾に至るまでの海岸線には離水海岸に特有の海食崖海岸段丘が多く見られる。

西部の小網代湾には干潟が残り、湾に注ぐ小川とその背景にある雑木林(休耕田跡)を合わせ一体的な自然環境を今に留めている。そのため、これらを「小網代の森」として保護しようという運動が起きている。 

歴史

古くから人の居住があり、市内から縄文時代弥生時代の遺跡が発掘されている。平安時代後期から鎌倉時代室町時代戦国時代初期まで三浦氏の支配のもとにあった。

1590年徳川家康が関東へ入った際に三浦半島も領地となり、すでに港として発展していた三崎は天領とされた。その後も漁港である三崎を中心に発展してきた。

現在、東京近郊でこれらの古く情緒ある町並みが残っていることから、映画ドラマなどのロケがよく行われている。

また、2004年4月に県立初声高校と共に県立三浦臨海高校に統廃合され、廃校になった県立三崎高校廃校舎・跡地(2007年に三浦市が取得)は学校を題材としたCM・ドラマ・映画のロケ地として人気があった。 現在は、三浦市の施策として市民交流拠点として整備することとなり、ベイシアが、自社店舗とともに整備することになり、 現在、解体・整備中である。[

行政

平成13年度からスタートした「第4次三浦市総合計画(三浦ニュープラン21)」では、2025年の将来像を「人・まち・自然の鼓動を感じる都市 みうら」としている。

歴代市長

県の機関

消防機関

横須賀市と三浦市の消防業務の広域化

横須賀市[3] と三浦市[4] の消防業務は、平成29年4月1日から一体化し広域化を行う予定となっている。 三浦市から横須賀市へすべての消防事務(消防団及び消防水利の維持管理事務を除く。)を事務委託し、 消防組織を1消防局4消防署として、消防業務の広域化を行うものである。

経緯としては、 平成25年4月から指令業務の共同運用を開始した。 しかしながら、それぞれの市域で発生した災害に対応できるのは 当該市域の消防組織によることが原則となっていた。 そこで、両市では、さらなる消防体制の強化と消防部隊の効率的な運用を図るため、 委託方式による広域化の協議を開始し合意に至った。

また、神奈川県は平成27年11月12日に、 「消防広域化重点地域」として横須賀市と三浦市を指定した。 [5] これは、「市町村の消防の広域化に関する基本指針」(平成18年消防庁告示第33号)に基づく枠組みで、 国や都道府県における措置を他の市町村よりも先行して集中的に実施することにより、 自主的な市町村の消防の広域化を着実に推進するものである。 なお、協議会方式により消防指令事務の共同運用を行っている市町村が、 消防広域化に移行するのは、全国初の取り組みである。

農業

就業人口は2,172人(2010年現在)[6]。水田は少なく、三浦ダイコンやスイカなど、畑作が中心である。主な作物の生産量はキャベツ39,100トン、ダイコン75,900トン、スイカ12,100トンなどとなっており、首都圏への野菜供給地となっている[1]

漁業 

三崎の朝市

市内にある三崎漁港は遠洋漁業の拠点であり、日本有数のマグロ水揚げ港である。 市内の漁船数690隻、年間漁獲金額129億2994万円(2003年11月調査)となっており、漁船の約8割が三崎漁港に属する。就業人口は432名(2010年現在)[6]であり、昭和40年代と比べて激減している。一方、三崎魚市場は取扱高50,742トン、取扱い金額408億720万円(2005年)と規模が大きく、三浦市の漁業は自ら漁を行う形態から市外の漁獲が集積する形態に移行してきていることが読み取れる。

三浦市松輪で一本釣り漁で漁獲されるサバは松輪サバと呼ばれ、高級食材として扱われている。

Wikipedia 参照

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © With Produce Co., Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.