WEB制作・イベント・ブライダル・舞台・企業PV・スクール・発表会・講演セミナー・ライブ演奏の写真撮影・映像制作・ビデオ撮影。株式会社ウィズプロデュース

横浜市のホームページ制作

横浜市のホームページ制作のことならウィズプロデュースにお任せ下さい。

地域密着のホームページ制作会社です。ホームページ制作をしたいが、どうしてよいかわからない。時間がないので更新などもすべてをお願いしたい。いつでも連絡が取れる安心対応してくれる会社に頼みたい。様々な業種に詳しいスタッフがいるホームページ制作会社にお願いしたい。女性にも優しい美しいWEBサイトを作りたい。集客できるホームページを作りたい。弊社ではお客様目線の集客できるWEBサイト制作を目指しております。

ホームページ制作・WEB制作・リニューアル

ファーストクラスを見る こちらのデザインにて制作可能。10ページ以内。CMS 更新可能

カートに入れる ファーストクラス(ライト) カートに入れる ファーストクラス 法人・個人プラン システム利用料金 月額 15,000円

ペイパル(Paypal)でお支払い。クレジット決済になります。

①まずは電話にてお申込下さい。
②クレジット決済にて確定となります。
③ファーストクラス(10ページ)・ファーストクラス(ライト 6ページ)をお選びください
④システム利用料金は月15,000円頂戴致します。

小規模事業者持続化補助金」にてホームページ制作費用の2/3、最大50万円が助成される補助金の申請が可能です。

小規模事業者持続化補助金とは

ホームページ制作費 ファーストクラス

ファーストクラス 10ページ 560,000円 → 200,000円

ファーストクラス(ライト)6ページ 100,000円

法人・個人プラン システム利用料金 月額 15,000円

  • 制作用シートをメール添付。簡単です。2週間~4週間程でサイト完成。
  • 独自ドメインの年間管理(www.xxx.com お好きなドメインを取得可能)
  • 独自メールアドレス作成(info@xxx.com  contact@xxx.com)
  • 追加ページ作成は通常料金よりもリーズナブル

総務省に電気通信事業認可しているWEB制作会社です。電気通信事業届出番号:A-28-15575

ホームページ制作費に含まれるもの

  • ホームページ制作費 10ページ以内 / 6ページ以内
  • トップページデザイン、ロゴ制作(簡易)
  • 問合せフォーム
  • レスポンシブでタブレット・スマートフォン対応
  • システム利用 サーバー管理費、保守運用、ドメイン管理費
  • 独自ドメイン取得および移管手続き(com・jp・co.jp・ne.jpなど)
  • 独自メールアドレスは無制限で作成可能
  • ブログ機能はFacebookと連動可能
  • 売上アップのためのデザイン構築、SEO対策
  • Googleマップを掲載

横浜市(よこはまし)は

関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地政令指定都市の一つであり、18区の行政区を持つ。現在の総人口は日本の市町村では最も多く、四国地方に匹敵する375万人であり1府37県の人口を上回る。人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ。神奈川県内の市町村では、面積が最も広い。市域の過半は旧武蔵国で、南西部は旧相模国戸塚区泉区栄区の全域と瀬谷区港南区の一部)。

幕末以降(詳しくは後述)から外国資本が積極的に当地に進出。そのため近代日本において有数の外資獲得力を誇った。関東大震災後は政府による積極的な振興政策により、京浜工業地帯の中核都市となった。

概要

横浜市は東京都心から南南西に約30kmから40km圏内にある、東京湾に面した神奈川県で最大の都市である。横浜市政の中心地は関内地区(中区関内駅周辺)で、横浜市域の中央駅は横浜駅西区[注 2]、横浜市の経済活動の中心地は横浜駅周辺地域である。経済活動の中心地である横浜駅周辺地域は、横浜市政の中心地である関内地区から北北西に約3kmの所にあり、両地域間は事実上分断されており、横浜市政は両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、横浜都心の一体的発展を進めている。また、横浜都心臨海部(インナーハーバー[1])に位置する東神奈川臨海部周辺(東神奈川駅周辺および山内ふ頭周辺)地区[2]、横浜駅周辺地区、みなとみらい地区、関内・関外地区、山下ふ頭周辺地区では長期的な都市の再生計画が進行中で、これらの五地区をLRT(次世代型路面電車システム)で結ぶ案も検討されている[3]

 

横浜市域は比較的広大であり、横浜市政が指定する都心(ツインコア)は、横浜都心(関内・関外地区、横浜みなとみらい21 (MM21) 地区、横浜駅周辺地区[4][5]、と新横浜都心(城郷地区(小机駅周辺地区)、羽沢地区羽沢駅(仮称)周辺地区)、新羽地区(新羽北新横浜駅周辺地区)、新横浜地区(新横浜駅周辺地区))[6]である。また、主要な生活拠点(旧:副都心)としては、鶴見駅周辺、港北NT(港北ニュータウン)センター二俣川鶴ヶ峰駅周辺、戸塚駅周辺、上大岡駅周辺が指定されている[7][8]。港北NTセンターを除く各地区は、JR東海道線横浜線京急本線相鉄本線の鉄道駅を中心として古くから発展してきた街である。港北NTセンターは、1965年(昭和40年)に策定された横浜市六大事業の一つとして、当時の港北区(現在の中心は都筑区)に計画的に開発された街である。都心(ツインコア)と各主要な生活拠点(旧:副都心)間は、横浜市営地下鉄ブルーラインおよびグリーンライン(横浜環状鉄道)[9]横浜環状道路を中核とした自動車専用道路によって[10]、計画的に結ばれる予定となっている。そのほかの郊外区は首都圏への人口集中によるスプロール化した市街地が散在しており、都市基盤整備が推進されている。多摩田園都市をはじめとした市内北西部は、東京都心のベッドタウンとして開発されたため、鉄道網も東京からの放射線が軸となり、東京都心への通勤通学人口が多い(詳細は後述)。

横浜市域は、南に接する鎌倉鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始めた。江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩金沢区)のみがおかれた。また、大きな港を持たない鎌倉幕府の海の玄関口として六浦湊(金沢区六浦)が、江戸湾(東京湾)内海交通の要衝として神奈川湊(神奈川宿、神奈川区神奈川)が、早くから栄えた。江戸時代末期には、神奈川沖・小柴(旧・六浦湊外周部)で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められた。実際には神奈川湊の対岸にある横浜村[注 3](現在の中区関内地区)に新たに港湾施設が建設され、短期間に国際港の体裁を整えた。安政6年6月2日1859年7月1日)に開かれた横浜港は「金港」とも呼ばれ、生糸貿易港、商業港、旅客港として、また工業港として急速に発展。横浜を日本の代表的な国際港湾都市へと発展させる礎となった。

1889年明治22年)4月1日市制が施行され、横浜市となった[注 4]。市域の面積は、市制施行時には横浜港周辺の5.4 km² にすぎなかったが、6次にわたる拡張と埋立てにより437.38 km² (2006年)となっている。1927年(昭和2年)の区制施行で市域は5区に分けられ、周辺町村の合併と区域の再編を経て、行政区の数は18区となっている。市制施行時の横浜市の人口は約12万人だったが、その後は第二次世界大戦中の一時期を除いて増加の一途をたどり、現在では約370万人となった。これは日本の市では最も多く人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ。1956年(昭和31年)には政令指定都市[13]1988年(昭和63年)には業務核都市[14]2011年(平成23年)には環境未来都市国際戦略総合特区に指定され[15]2012年(平成24年)には横浜駅周辺地区などが特定都市再生緊急整備地域[16]に指定された。

地理 

市域は神奈川県の東部にあたり、東経139度43分31秒(鶴見区扇島)から139度27分52秒(瀬谷区目黒町)、北緯35度35分33秒(青葉区美しが丘西)から35度18分44秒(金沢区六浦南)に位置する[17]。東は東京湾に面し、北は川崎市、西は大和市藤沢市東京都町田市、南は鎌倉市逗子市横須賀市に接する。市域の面積は神奈川県の約18%を占め、県内の市町村で最も広い。

 

Wikipedia 参照

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © With Produce Co., Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.