WEB制作・イベント・ブライダル・舞台・企業PV・スクール・発表会・講演セミナー・ライブ演奏の写真撮影・映像制作・ビデオ撮影。株式会社ウィズプロデュース

東京都のホームページ制作

東京都のホームページ制作のことならウィズプロデュースにお任せ下さい。

地域密着のホームページ制作会社です。ホームページ制作をしたいが、どうしてよいかわからない。時間がないので更新などもすべてをお願いしたい。いつでも連絡が取れる安心対応してくれる会社に頼みたい。様々な業種に詳しいスタッフがいるホームページ制作会社にお願いしたい。女性にも優しい美しいWEBサイトを作りたい。集客できるホームページを作りたい。弊社ではお客様目線の集客できるWEBサイト制作を目指しております。

ホームページ制作・WEB制作・リニューアル

ファーストクラスを見る こちらのデザインにて制作可能。10ページ以内。CMS 更新可能

カートに入れる ファーストクラス(ライト) カートに入れる ファーストクラス 法人・個人プラン システム利用料金 月額 15,000円

ペイパル(Paypal)でお支払い。クレジット決済になります。

①まずは電話にてお申込下さい。
②クレジット決済にて確定となります。
③ファーストクラス(10ページ)・ファーストクラス(ライト 6ページ)をお選びください
④システム利用料金は月15,000円頂戴致します。

「小規模事業者持続化補助金」にてホームページ制作費用の2/3、最大50万円が助成される補助金の申請が可能です。

小規模事業者持続化補助金とは

ホームページ制作費 ファーストクラス

ファーストクラス 10ページ 560,000円 → 200,000円

ファーストクラス(ライト)6ページ 100,000円

法人・個人プラン システム利用料金 月額 15,000円

  • 制作用シートをメール添付。2週間~4週間程でサイト完成。
  • 独自ドメインの年間管理(www.xxx.com お好きなドメインを取得可能)
  • 独自メールアドレス作成(info@xxx.com  contact@xxx.com)
  • 追加ページ作成は通常料金よりもリーズナブル

総務省に電気通信事業認可しているWEB制作会社です。電気通信事業届出番号:A-28-15575

ホームページ制作費に含まれるもの

  • ホームページ制作費 10ページ以内 / 6ページ以内
  • トップページデザイン、ロゴ制作(簡易)
  • 問合せフォーム
  • レスポンシブでタブレット・スマートフォン対応
  • システム利用 サーバー管理費、保守運用、ドメイン管理費
  • 独自ドメイン取得および移管手続き(com・jp・co.jp・ne.jpなど)
  • 独自メールアドレスは無制限で作成可能
  • ブログ機能はFacebookと連動可能
  • 売上アップのためのデザイン構築、SEO対策
  • Googleマップを掲載

東京都(とうきょうと)は

関東地方に位置する東京都区部(東京23区)多摩地域島嶼部大島支庁三宅支庁八丈支庁小笠原支庁)を管轄する広域地方公共団体都道府県)の一つで、事実上の日本首都。都庁所在地は新宿区(東京都の条例上。但し、東京と表記する場合もある。詳細後述)。

都公認の英語の表記はTokyo Metropolis (Tokyo Met.) 。他にはTokyo PrefectureTokyo Metropolitan Prefectureがある。

概要

 

東京都が管轄する領域は東京都区部(東京23区)多摩地域(26市[注 1]・1郡(3町1村))および東京都島嶼部大島三宅八丈小笠原)の4支庁(2町7村)から成っている。東京都区部(東京23区)は、一つの都市として、「東京」とも呼ばれる。沖ノ鳥島南鳥島を含む小笠原諸島を含むため、日本最南端および最東端に位置する都道府県でもある。

慶応4年/明治元年(1868年)に平安京から東京都の前身である東京府首都機能が移ってきたとされ(東京奠都)、1943年(昭和18年)に東京府と東京市が統合されて東京都が首都となった。戦後、1950年(昭和25年)に東京都を日本の首都として、十分にその機能を発揮し得るよう首都建設法が施行されたが、1956年(昭和31年)首都圏整備法の施行に伴い廃止された。

人口は13,716,974人(2017年5月1日現在)。これは日本の都道府県の中では人口が最も多く、日本の人口の10%以上を占める。

人口密度も日本の都道府県のなかで最も大きい。東京を中心とする首都圏は人口3700万を超える世界最大の都市圏である。日本全国民の34%が首都圏に集中し、首都圏人口だけで、ポーランドアルジェリアカナダのそれぞれの国全体の人口に匹敵する。第2位のムンバイ都市圏に1000万以上もの差を付けている[注 2]

産業構成

東京都の総生産の産業別構成比は、第一次産業が0.1%、第二次産業が18.6%、第三次産業が91.5%である(2001年度。この他に控除すべき数値があるため、合計は100%を超える)。このように、第一次産業が占める割合は極めて低く、第三次産業が占める割合が極めて高く、サービス業、卸売業、小売業の比率が高い。特にマスコミは、日本国内における主要な企業の大半が東京に集中している。

東京には、大手企業の本社や、外国企業の日本法人の本社などが数多く立地している。この点から、東京都は、本社の存在によって経済が成り立っている「本店経済都市」と見なすことができる[注 11]。また、東京都区部は関東地方の中心的な都市でもあるので、東京都に置かれる本社は、関東一円をエリアとする「関東支社」「関東支店」を兼ねる場合も少なからずある。このため、東京都は支店経済都市という側面も持っている。

商業

東京都の商業は、生産額が19兆4,627億円(2001年、東京都)であり、都内総生産の内23.0パーセント(同)を占め、サービス業に次いで高い割合を占める。日本の商業において、東京都が占める割合は大きく、事業所数は10.5%、従業員数は14.3%、販売額は32.2%(2002年、東京都)に及ぶ。いずれも全国1位である。

特に卸売業の占める割合が大きく、事業所数は15.2%、従業者数は22.6%、販売額は38.7%(同)を占めている。事業所、従業員数に比べて販売額が大きいのが特徴で、取扱額が大きい事業所が多いことを示している。小売業は事業所数が9.2%、従業者数が10.2%、販売額が12.4%(同)で、卸売業ほど占める割合が大きくないが、全国1位である。東京都の卸売業と小売業を比較すると、事業所数では小売業が卸売業を大幅に上回るが、販売額では卸売業が小売業に比べて圧倒的な割合を占め、やはり卸売業では取扱額が大きい事業所が多いことが示されている。

東京都の卸売業は、事業所数57,653、販売額は159兆9,582億円(2002年、東京都)である。事業所数では、従業員30人以下の小規模な事業所が多いが、販売額は100人以上の大規模事業所が約5/8と、圧倒的な比率を占める。事業所は特に中央区に多い。産業小分類別に見ると、機械器具卸売業が販売額41兆3,760億円(同)で多数を占め、以下各種商品卸売業、建築材料、鉱物・金属材料等卸売業、飲食料品卸売業と続く。機械器具卸売業は、電気機械器具卸売業の占める割合が半数以上を占める。各種商品卸売業は、事業所数が149と非常に少ないにもかかわらず、販売額が40兆4,903億円であり、非常に規模が大きい事業所があることが示されている。

東京都の小売業は、商店数119,016、販売額は16兆7,460億円(2002年、東京都)である。商店数は区部に多く、販売額に占める割合も多い。特に中央区、新宿区、渋谷区など、百貨店家電量販店、各種専門店が集中する繁華街がある地域では販売額が大きい。

Wikipedia 参照

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © With Produce Co., Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.